×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新婚時の住居の選び方

新婚時の住居選びについては、結婚した年齢やお子様の有無など、それぞれの状況によって選択は大きく異なってくるでしょう。

しかし、どの状況でも共通していえるアドバイスとは「背伸びした住居選択はしない」ということです。

「せっかく結婚したんだから」と頑張って高めの物件購入(賃貸)をする方が多く見受けられますが、そういった方の中には後々後悔する方が少なからずいるようです。

人は生活レベルを一度上げてしまうと、なかなか下げれなくなるものです。
これは経験しないとわからないことなのかもしれませんが、ほとんどの方がそれに当てはまります。

これは住居だけに関わらず、様々なことに言えることです。
ぜひ覚えておいてください。


まずは無理しない住居で暮らし、必要になればその時に引っ越せばよいのです。

幸せを夢見て住んだ住居に幸せを壊されるなんてことのないよう、身の丈にあった住居を選びましょうね。


また、これは親子関係にもよりますし、できたらでよいのですが、
どちらか協力的な両親の実家近くがよいかと思います。

結婚生活を送っていると、今まで経験したことないような出来事も多々あると思います。
その時両親が近くにいて協力してくれると、何かと助かります。


以下が新婚時住居選びのポイントです。

  • 分相応より少し下の家賃にする。
  • 子供がいない内から、子供用の家にしない。
  • 家具や家電は最初は最小限にしておく。
  • どちらかの実家が近いところがベター。